ヴィトックスαはベクノールとはどう違うのか?

ヴィトックスαとベクノールを比較するとどちらがいいのか?

ここで比べるべきは成分面ですね。

正直価格はどちらも大差ないし、月々1000円安いからコッチ。
とはならないですよねw
とにかくペニス増大に効果があるかどうか。

なので価格面以外で比較していきます。

※ちなみに価格はちょっとベクノールが高いくらい。
ヴィトックスαはタイミング次第でプラス一箱もらえます

ヴィトックスαプレゼント

そもそも日本人向けなのか?

日本人向けに調整されているかどうかは、増大サプリだけでなくチェックしておく必要があります。

海外のサプリの方が効果がある! という声もあるかと思いますが、日本人が代謝しにくい成分が入っていたりすると長期的に使うことで健康被害のリスクも大きくなってきますので……

その点、ヴィトックスαとベクノールはともに日本人向けに作られた国産サプリなので安心できそうです。

ベクノールのメイン成分は?

ベクノールの成分ですが、GHリリーザーとオクタコサノールを黄金比で配合!しているそうです。

GHリリーザーは私もあまり聞いたことがなかったんですが、GH(成長ホルモン)の分泌を促してくれる成分とのこと。

アルギニンやチロシンなどのアミノ酸とビタミン類の総称のようです。
そしてオクタコサノールは植物・果物由来のアルコールの一種で、持久力アップやストレス緩和、運動機能の向上などに効果があるようですね。

成長ホルモンを分泌させる成分と、スタミナアップのための成分を黄金比で配合しているのがベクノールのウリですね。

ヴィトックスαの成分は?

次にヴィトックスαの成分ですが、アルギニン、オルニチン、チロンシン、ビタミンB6、亜鉛など、GHリリーザーという表現は使っていませんが、成長ホルモンを分泌させるための成分がこちらも多数含まれています。

従来比2倍になったシトルリンも、体内の反応でアルギニンに変化するので、GHリリーザーとして数えていいですよね。

こちらはオクタコサノールが入っていない代わりに、トンカットアリ、マカ、ガラナなどの精力関係のハーブや、多数の動物系素材が使われています。

細胞の若返りを活性化させるレスベラトロールはヴィトックスαにしか入っていませんね。

ヴィトックスαとベクノール、どっちを選ぶべき?

ヴィトックスαとべクノール
成分を比較すると、根本的に必要なものとしてはそれほど差が無い印象です。

GHリリーザーも結果的に両方に入っているので、
ヴィトックスαのレスベラトロールをとるか?
ベクノールのオクタコサノールをとるか?

といったところでしょうか。

個人的には配合されている素材の豊富さからまずはヴィトックスαを試してみるのがオススメです。

多数の成分の相乗効果が実感できるかどうか、まずは2,3ヶ月継続的に使っておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ