飲み合わせで注意したいこと。まずは成分をチェック

増大サプリを使っている人のレビューを見てみると、複数のサプリを飲み合わせている人もいます。

あんまりいいことではないのですが、効果が出るのであれば気になりますね。

ヴィトックスαをメインに、別なサプリと飲み合わせをする場合に気をつけたいのは、飲み合わせのパターンを幾つか考えてみました。

シトルリンの効果を更に高めるための飲み合わせ

シトルリンの効果
ヴィトックスαの一番効果的な成分であるシトルリン。
その効果を更に高めるためにオススメなのが、シトルリンと比べて配合量が比較的少ないアルギニンを補うことです。

アルギニン単体のサプリよりも、アルギニンを豊富に含むクラチャイダムのサプリなどがいいかもしれません。

シトルリンとアルギニンは体内で循環反応を起こし、シトルリンはアルギニンに、アルギニンはシトルリンに変化します。
その過程で発生する一酸化窒素に血流を増大させる効果があります。

研究でも、それぞれ単体で摂るよりも、合わせて摂った方が、より血流アップの効果が出ることがわかっています。

 

他のサプリの特徴のいいとこどりをする飲み合わせ

他のサプリと飲み合わせ
ヴィトックスαと同じくらい人気の増大サプリに、ゼファルリンがあります。
安心の日本製で効果が出たという声も多く。
増大サプリなら、ヴィトックスαかゼファルリンがいい、と勧める人も多いですね。

ヴィトックスαにないゼファルリンの特徴として、朝晩に分けて飲む2つのサプリにわかれている、というのがあります。

そのうち、夜に飲む方にはトリプトファンというアミノ酸が含まれており、このトリプトファンの効果であるストレス緩和と睡眠の質の改善が、ゼファルリンの目玉効果のひとつになっています。

それ以外の成分はそれほど変わらず、ヴィトックスαの方が、増大向けの成分は充実しているので、ヴィトックスαをメインに使いながら、トリプトファンやGABAといった、ストレス緩和に効果的な成分を別なサプリで補うというのも手です。

わかりやすく精力をアップさせる!

精力アップの飲み合わせ
強力わかもとやエビオスといった、いわゆる精液ドバドバにしてくれるサプリを同時に摂るのもいいかもしれません。

滋養強壮の成分が豊富なので、体を元気にし、下半身にも良い影響を与えてくれるでしょう。

心因的や生活などに原因があるならその根本を改善しなくてはいけませんが、年齢的な自然な衰えなら追加することでサポートすることができます。
ただ、ヴィトックスαともかぶる成分が多いので、こういったサプリを飲み合わせる際には、量を少なめにしておくのがいいです。あくまでサポートなので、ヴィトックスα以外のものは、少し抑え気味にしておきましょう。

→気になる!ヴィトックスαの成分は?

>>ヴィトックスα限定キャンペーンで+1箱!公式サイトへ

 

飲み合わせが効果なしや副作用の原因に!?

これまでに3つパターンを紹介しましたが、ヴィトックスαの成分を把握してうえで不足しているものを補う形になります。

そのため
  • 成分の相性を確認すること
  • ある程度飲んで効果を知ること
この2つができない人は、下手に追加しない方がいいです。

また、特に増大サプリとオススメしないのは、ヴィトックスαは最初から100種類以上の成分が配合されていて、もともと黄金配合になっているから。

ヴィトックスαの黄金比率
この比率だから、効果を実感しやすく高評価で副作用もないのです。

いくら良い成分で、それ自体は副作用がない安全成分だとしても、成分の相性が悪ければ『効果が失われてしまう』し、飲み過ぎれば『過剰摂取』になります。

リラックス効果やまったく問題のない成分ならまだしも、せっかくの黄金比率を自分が壊してしまうとなれば、効果がでなかったり、出にくくなるのも納得できますよね。

効果がないだけならまだしも、吐き気や頭痛、動悸などの副作用が起こる可能性も。

単純に成分が重なっていれば3粒以上を飲んだことになるから、この時点で容量オーバーになってしまっています。

だから、ヴィトックスαで飲み合わせを考えるなら、不足している(入っていない)成分だけを補うことが重要!

薬だって飲み過ぎれば毒になるし、サプリだって不健康になります。

お金をかけて効果にマイナスになるようなことをするなんて・・・もったない話ですよね。

 

飲み合わせで特にに注意したいのが「亜鉛」

ヴィトックスαに限らず、増大サプリで過剰摂取に注意した方がいいと言われてもピンとこないって人、意外に多いと思いますが、身近な成分でもトラブルが起きることがあります。

例えば、有名成分で過剰摂取要注意!と一番言われているのが亜鉛。

増大サプリや精力剤には必ずといっていいほど入っていて、セックスミネラルとして男女問わず注目している成分ですが、残念ながら良いことばかりではありません。

成分によっては摂りすぎても排出されてしまうものもありますが、亜鉛の過剰摂取の場合は違います。
  • 貧血
  • 発熱
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • めまい
  • 頭痛
  • 倦怠感
などの症状があり、腎臓や胃、神経の障がい、コレステロール値に異常がでることもあります。

 

亜鉛は不足するのもよくないですが摂り過ぎもダメで、成人男性なら40~45mg/日が上限となっています。

ここを勘違いしないで欲しいのですが、40~45mg/日は上限で摂取推奨量は10mg、女性は推奨・上限共にもう少し少なくなっています。

 

亜鉛と副作用量的にわかりにくいかもしれませんが、大きい牡蠣を18個くらいが上限と考えてください。

牡蠣好きな人は食べ放題とかで張り切って食べる時にはこのくらいにしておきましょう。

また、毎日の食事でも意識してるけど大丈夫?と心配になる人もいるかもしれませんが、ヴィトックスαは100種類以上の成分が1カプセルに入っているし、容量を守っていれば問題はありません。

溶接をしたりと職業によっては亜鉛中毒になることもありますが、急性亜鉛中毒は1回で1000mg以上なので一般的にサプリを普通に飲むくらいでは心配する必要はほぼないです。

気をつけたいのはヴィトックスαの過剰摂取や亜鉛高配合のものと組み合わせたとき。

慢性的な過剰摂取は、体の機能が低下したり性機能も衰えてしまいます。

亜鉛は生活環境によって欠乏しやすいですが、平均的に摂取推奨量より少し足りないくらいは食事で摂取できるので、ヴィトックスα以外に亜鉛を追加する必要はないです。

ただし、例外がコーヒー好きな人。

コーヒーは50%も亜鉛の吸収率を下げてしまうので、一緒に飲んでしまったり、吸収前にヴィトックスαを飲むと効果が半減されてしまいます。

そうならないためにも飲むときは2時間前後空けてくださいね。

 

賢く飲み合わせを考えるなら

ヴィトックスαと飲み合わせ
飲み合わせを考える際に大事なのが、ペニス増大のサプリとの飲み合わせはしないということです。

同じ目的のサプリは同じ成分が多数入っていることが多いので、特定成分の過剰摂取を避けるためにも、飲み合わせるなら目的が違うサプリにするのが無難です。

ヴィトックスαの場合は飲み合わせる必要がないほどの成分がきちんと配合されてます。

ただ、年齢や日頃の生活習慣によっては効果が出にくいときもあるので、その時は効果を倍増させようと考えるよりも阻害するものを排除していく方がオススメです。

最初に話した3つの飲み合わせパターンでも書いたように、ヴィトックスαには増大や精力に関する成分が充実しているのでサポート役に回るものを選んだ方が効率良く効果をアップできます。

また、これなら過剰摂取の心配もありません。

一番大切なのは、何かと飲み合わせを考えることより、まずは短期間ではなく最低3ヶ月から半年は継続して飲み続けること!

何か必要なものがあるかを考えるのはその後で充分です。

飲み合わせ不要!他社製品で満足できなかった人もリピ決定!
今ならサプリだけでなく、リキッドも+1箱プレゼントだから飲み合わせを考えて併用するならリキッドを試すのもオススメです。
ただし!期間&公式サイトサイト限定なのでご注意を!!

>>ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ