ペニスが小さいのは遺伝が本当に原因なの?

ペニス 遺伝
ペニスの大きさに悩んでいる方は、なぜ自分のペニスが小さいのか、原因について考えたことはありますか?
身長と同じように遺伝である程度決まるのか、それとも後天的な要因で決まるのでしょうか。

必ずしも万人に当てはまるわけではありませんが、遺伝的な要因はペニスの大きさに影響します。
しかし、遺伝子で大きさが決まってしまうというわけではありません。
成長期の過ごし方によっては、たとえ遺伝的にペニスが小さくなる傾向にあったとしても、大きく成長する人もいます。

人の一生の中で、成長期は2回やってきます。
一度目は第一次性徴期といい、0歳から2歳頃の期間です。
二度目は第二次性徴期と呼び、10歳前後から十代の終わり頃まで続きます。
ペニスが大きく成長するのは、この第二次性徴期の期間です。
第二次性徴期になると成長ホルモンと男性ホルモンが盛んに分泌され、生殖機能が成熟し、筋肉や骨格が発達してきます。
この時期に十分な栄養を摂り、適切な睡眠時間を確保し規則正しい生活を送っていれば、成長ホルモンと男性ホルモンもしっかりと分泌され、ペニスも大きくなります。

しかし、食生活が偏っていたり、睡眠時間が短かったりするとホルモンの分泌量が減り、ペニスも小さいまま成長が止まってしまうんです。

さらに、ペニスが小さくなってしまう原因と考えられているのが包茎です。
皮を被ったままのペニスは汚れが溜まって不衛生になりやすく、ペニスの成長を阻害してしまうと言われています。
真性包茎の場合は更に深刻で、包皮が亀頭に貼り付いてしまっているため、ペニスを押さえつけるような形で成長を阻害してしまします。

包茎や短小は手術で治療するという方法もありますが、増大サプリを飲んだりトレーニングを行ったりすることで、大人になった後でもペニスの増大が期待できます。

 

ペニスが小さいのは生活習慣が原因?

増大 生活習慣
ペニスの大きさは10代から20代前半頃までにほぼ決まります。
しかし、身長と同じように、ペニスの成長には個人差があります。
大きく成長する人と、伸び悩んでしまう人とに分かれてしまうんです。
このような違いは遺伝的な要因も関係しますが、生活習慣もペニスが小さくなってしまう大きな原因です。

 

肥満

肥満体形の人は勃起時にペニスまで十分な量の血液が行き届かず、大きくなりにくい傾向があります。
また、血液の中に余分な脂肪やコレステロールが溜まり血液の流れが悪くなるのも、ペニスの成長を妨げてしまう一因です。
さらにお腹の肉や皮に男性器が隠れてしまい、相対的に小さいように見えてしまいます。

 

睡眠不足

睡眠中は成長モルモンが盛んに分泌され、全身の細胞分裂や組織の修復が行われます。
睡眠時間が足りていないと成長ホルモンの分泌も阻害され、ペニスの成長も止まってしまうんです。

 

偏った食事

ペニスの成長に必要な栄養が不足していたり、脂質や糖質の多い食事ばかり摂っていたりすると、ペニスが小さくなるだけでなく、健康も損なってしまいます。

 

タバコ

タバコは全身の血管を収縮させ、血行を滞らせる作用があります。
喫煙によってペニスの血管まで収縮してしまうと、勃起時にも血液が流れ込みにくくなり、成長を妨げてしまいます。

こうした要因でペニスの成長が止まってしまった方も、生活習慣を改善したり、増大サプリを使ったりすることで、ペニスの増大が期待できます。

→ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ