トナカイ角に期待できる効果とは?

トナカイ角 効果
トナカイ角とは北欧で古くから珍重されてきた生薬の材料です。
粉末状にして用いられる場合が多く、強壮剤や強精剤として使われてきました。

トナカイ角の持つ健康効果については、まだ解明されていない部分も多いものの、実験により明らかになりつつあります。
では、トナカイ角には具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか?

男性ホルモンの分泌を促進

実際にEDの患者20名にトナカイ角を投与する実験を行ったところ、6名に改善効果が見られたという報告があります。
トナカイ角に含まれるアミノ酸やタンパク質が男性ホルモンを生成する材料となり、ホルモンの分泌量を向上させたことから、EDの改善や精力増強効果が期待できるとわかりました。

 

血行促進

トナカイ角に含まれるコンドロイチンには、血中のコレスレロールや脂肪を排出する働きがあります。
さらにATPやコラーゲンなどの成分も作用し、血の巡りを良くする効果が期待できます。
もちろんペニスへの血行も促進されるので、勃起時に多くの血がペニスへ流れ込み、勃起力の向上やペニス増大にも効果が期待できる成分です。

 

骨粗しょう症の予防

トナカイ角に含まれるコンドロイチンやコラーゲンは、血行を促進するだけでなく、骨の代謝を上げたり柔軟性を高めたりする効果も期待できます。
これらの成分は骨粗しょう症など骨の病気を予防し、若く健康な骨を保つのに効果的です。

 

トナカイ角末に含まれる成分と副作用のリスクは?

トナカイ角 効果
トナカイの角を乾燥させ、粉末状にしたものをトナカイ角末と呼びます。
強壮剤や強精剤として北欧では古くから用いられてきました。

トナカイ角末には、トナカイ角末だけに含まれている独自の成分や、珍しい成分などは含まれていません。
しかし、アミノ酸やミネラルなどの栄養素を豊富に含み、精力向上だけではなく、さまざまな健康効果が期待できます。

 

コンドロイチン

コンドロイチンは健康サプリにも用いられる成分で、骨粗しょう症のなど骨の病気を予防し、骨の健康を保つ効果が期待できます。

さらに、骨だけではなく皮膚や内臓、角膜の保水力や弾力性を維持するためにも必要な成分です。
また、血中のコレスレロールや脂質を排出する作用もあり、血行促進や血管の弾力を保ち、動脈硬化を予防する効果も期待できます。

 

ATP

ATPとはアデノシン三リン酸とも呼ばれ、筋肉を動かしたり代謝を行ったりするために必要なエネルギーです。
ATPは体内に貯蔵したブドウ糖を原料に生成できますが、食べ物などから摂取することにより活力を増進する効果が期待できます。

 

コラーゲン

コラーゲンと言えば肌の水分や弾力を保つ成分として、化粧品や健康食品にも含まれます。
しかし、コラーゲンは肌だけでなく、骨の健康維持にも必要な成分なんです。
柔軟性に富んだ丈夫な肌を維持し、同時に血液を生成する骨髄の健康も保つことで、間接的に血の巡りを良くする効果も期待できます。

 

アミノ酸

アミノ酸は骨や筋肉、精液など、人体のあらゆる組織を生成するうえで欠かせない栄養素です。
特に必須アミノ酸は人体で合成できない栄養素なので、食品などから積極的に取り入れる必要があります。

 

ミネラル

トナカイ末にはカルシウムやマグネシウム、リンなど多様なミネラルが含まれます。
代謝を促したり、健康な骨や皮膚を作るために欠かせない栄養素です。

 

トナカイ角末は生薬として用いられることもあり、副作用のリスクが少ないのが特徴です。
ただし、過剰摂取は痒みや発疹、胃の不快感などの症状を引き起こす場合があります。
1日あたりの目安はおよそ2000mgとされているので、それ以上の量を摂取しないよう気を付けて服用しましょう。

⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ