トンカットアリで増大効果は期待できる?

トンカットアリ 効果
 

トンカットアリは、マレーシアなど東南アジアに自生するハーブの名前です。
マレーシア諸国では古くから強精剤として使われてきたトンカットアリですが、近年では日本を含め、世界中に広まっています。

ただし、収穫量が限られているうえに栽培も難しいことから、市場に出回っているトンカットアリは粉末状かサプリとして加工されたものがほとんどです。

原産国でも大変貴重な植物として扱われ、少量でも高値で取引されます。

このトンカットアリを摂取すると、どのような効果が期待できるのでしょうか?

トンカットアリの根には、テストステロンという男性ホルモンが多く含まれています。
テストステロンは本来、男性の睾丸で作られるホルモンですが、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどが影響し、分泌量が変化します。

テストステロンが減ると性欲が減退したり、勃起不全を引き起こしたりする場合もあります。
トンカットアリは天然のバイアグラとも呼ばれ、性欲を回復させたりや勃起力を向上させたりなどの効果が期待できます。

さらに、トンカットアリはペニス増大にも効果的です。
ペニスを成長させるには、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促さなければいけません。

ただし、ホルモンの分泌量は年と共に減少する傾向があるので、増大効果を狙うにはトンカットアリを含んだサプリなどを用いて、分泌量を増やす必要があるんです。

ただし、トンカットアリはあくまで天然成分なので、薬品のような即効性はありません。
効果を実感するにはある程度の期間、継続して摂取しなければならないことを覚えておきましょう。

 

トンカットアリの副作用、安すぎるサプリは注意!?

ペニス増大効果が期待できる成分として、増大サプリにも配合されているトンカットアリですが、副作用などはあるのでしょうか?

トンカットアリは天然ハーブなので、基本的には医薬品のような強い副作用のリスクはありません。
しかし、過剰摂取してしまうと、吐き気や胸やけ、胃の不快感、下痢などの症状を引き起こす場合もあります。

また、長く服用を続けていると、体が慣れてきてだんだん効き目が弱くなってくることもあります。
効き目を維持するためにも、摂取量の目安はきちんと守ったうえで使用しましょう。

また、トンカットアリの作用によりテストステロンが増えると、薄毛や抜け毛が進行するといううわさもあります。

トンカットアリ 副作用
 

テストステロンが増えたとしても、抜け毛や薄毛がひどくなることはないので、安心してください。

仮にAGA治療薬を使用している方がトンカットアリを服用しても、薬の効果がなくなったり効果が相殺されてしまったりすることはありません。

しかし、AGA治療薬以外に、何らかの処方薬を常飲している方の場合、トンカットアリが何らかの影響を及ぼす可能性も考えられます。

服用前にかかりつけの医師に相談し、併用しても問題がないか確認してから使うようにしましょう。
トンカットアリは希少な素材なので、少量でも高額で売買される傾向にあります。
もしもトンカットアリを含んでいるサプリで、極端に安価なものがあれば、粗悪品か不純物を含んでる可能性が高いです。
値段の安さに惑わされず、信頼できる販売元かをよく調べたうえで購入しましょう。

⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ