輪ゴムでペニス増大!?お金をかけず大きくする方法

ペニス増大 輪ゴム
ペニス増大のためにはサプリを飲むだけでなく、トレーニングを行うことでより大きな効果が期待できます。
しかし、ペニスのトレーニングは、筋トレのようなものとは少し違います。
ペニスには筋肉が存在しないので、ペニスそのものを鍛えることはできません。
ペニスの血行を促進し、勃起状態を長く維持することで、なるべく多くの血液を海綿体に送り込むことが、ペニスのトレーニングになります。

しかし、勃起状態を維持するために、具体的にどのような方法をとれば良いのでしょうか?
手段は人によりさまざまですが、中にはお金をかけない方法として輪ゴムを使う人もいます。

やり方は簡単で、ペニスの根元を輪ゴムで縛るだけです。
こうすると、ペニスに流れ込んだ血液が逆流せずにせき止められるので、長時間の勃起維持が可能です。

確かに簡単でお金もかからず、効果が期待できるやり方ではありますが、リスクもあります。
まず、輪ゴムはどの程度きつくするか、あるいは緩めるかという強さの調節が難しく、締め付けすぎてしまうことが多いです。
ペニスに食い込んでしまうとなかなか外れないので、外す時には多少の痛みを伴うこともあります。
また、血流をせき止めてしまうので、やりすぎるとペニスの細胞が壊死してしまったり、最悪ペニスを切断しなければならなかったりとおいうリスクが伴います。
実践する時はくれぐれも締め付けすぎに気を付けて、いつでも外せるように態を整えてから行ってください。

ペニス増大のためのリングとは一体どんなもの?

ペニス増大にはサプリを飲むだけでなく、トレーニングを行うことも重要です。
トレーニングの際、コックリングという器具を使用すると、効果がさらにアップすると言われています。

ペニス増大 リング
コックリングはペニスの根元に装着し、血流をせき止めるためのものです。
尿道も同時に締め付けられるので、射精を遅らせる効果もあります。
リングを着けることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?
ひとつは、ペニスに流れ込んだ血液をそのまま留めておけるので、勃起状態を長く維持できます。
勃起を維持できれば、それだけ長時間のトレーニングが可能ですよね。
また、トレーニングにリングを取り入れることで、ペニスの勃起力や持続力が向上します。

このようなメリットがある一方で、デメリットも存在します。
まず、あまりに長時間リングを使用すると、リングが食いこみ過ぎて取れなってしまう危険があります。
ペニスに血が通わない状態が長く続くと細胞が傷付いたり壊死したりしてしまう場合もあるので、取り扱いには十分気をつけましょう。
特に金属製のリングは、万が一外れなくなってしまった時に自分で切ることも難しいので、使わないでください。
血液の病気や心臓の病気を持っている方や糖尿病の方も、コックリングを使うのは避けましょう。

このようなリスクを把握したうえで、使う時には使用方法や注意事項をよく確認し、正しい方法で着用・使用してください。

ヴィトックスαの効果を効率良く実感したいならトレーニングや器具もオススメです!
でも、それ以上に大切なのが「毎日の習慣にすること」
今ならサプリだけでなく、リキッドセットも「プラス1個」オマケでついてくるので、オトクに効率良く増大をしましょう!
⇒ヴィトックスαの公式サイトへ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ